今日、家畜の敷料や堆肥の原料のお問い合わせ・ご注文が多くなりました。
畜産農家の方のご要望として、材質を吟味し、混入物が無い物、家畜に害を与えない物が上げられ、
その厳しい要件に合った安全で上質な敷料を生産し使用して頂いております。


1.原料となる自然植物
道路や河川敷の刈草や街路樹の剪定枝葉を原料とし、
動物に害の及ぼすことの無いように原料は特に注意し、吟味して生産しております。
 
2.手作業による混入物除去
 
目に見える限りの混入物は手作業で徹底的に取り除いております。
     
3.高温破砕(一次・二次破砕)
 
破砕時、摩擦熱によって100度の高温に上がるため、雑菌や雑草の発芽の心配はありません。
また、破砕機の強力な磁力により釘金物は全て完全に除去されます。
※高温破砕のため、植物のシブにより、緑色から茶色に変色します。
 
4.出荷・納入
 
植物材で生産する為、日が経つことによりシブで色が変わります。
 
 
プラントファイバー材   試験器材 
     
   攪拌し、24時間後の状態

水分 85%吸収
※プラントファイバーの量が少なく、水が滴り落ちる程。

体積 20リットル 
プラントファイバー 20リットル
     水 10リットル
(比率 2:1) 
   
     
     攪拌し、24時間後の状態

水分 100%完全吸収
※この状態で堆積すると好気性発酵が進んできます。

体積 20リットル
※プラントファイバーは、水分を吸収し、退化することでさらに体積が減少します。 
プラントファイバー 30リットル
     水 10リットル
(比率3:1) 
   
このページの先頭へ

Copyright (C) 2015 Toubunourinkankyo Co., Ltd
トップページ / 植物有機たい肥 / 農地耕作業 / 動物敷料 / 雑草抑制工法 / 会社案内 / お問い合せ